クリスマスライブイベント報告

昨日は小さなカフェ店内にてクリスマスサンクスイベントと称し、YukikoTsutsuiさんのミニライブを行いました。

ライブ開催決定より、ここ数日間、雨の日も風の日もチラシを配り、広報活動に勤しんで参りました。

早朝のポスティング中、庭先に放し飼いになっているブルドックにお尻をかまれたり

大雨降る夕方、そば屋の配達バイクのおじさんと正面衝突してソバと雨でぐちゃぐちゃになった1万枚のチラシをびしょ濡れになりながら拾ったり

そんなドラマティックな場面を想像しながら、楽しくポスティングを無事終了し、いよいよ待ちに待ったライブイベント開催日当日。

ライブ開始時刻には天気予報を裏切る突然の雨。

若干の不安はよぎるものの、お客様を迎える準備を万事整えればライブ開始時刻に。

チラシ配布の効果てきめん、千客万来!万歳チラシ!万歳ポスティング!!

…なんてことはなく、筒井さんとワタシ、まさかの二人だけ、贅沢三昧プライベートライブに!

なんてことは、さすがになかったですが。

まあ、どちらかといえば後者に近い結果となり、ワタシの集客能力の無さ、及び人脈の無さを痛感させられました。今回の結果を早急に検証し、今後は効果的ポスティング活動を行うべく分析結果を早急に報告させていただきます。

 

さて、本題のライブ内容についてですが…

ワタシは、音楽についてウンチクを語れるような思い入れも特になく、なんとなーく好みなのがブルーノート系のジャズやソウルだったりします。中でも、マリーナ・ショウやダイアナ・クラールなどのソウルフルな歌声に心揺さぶられたり。

今回、ライブを行って頂いたYukikoTsutsuiさんは、そんなソウルフルな歌声の持ち主。今回、カフェの規模的にもマイクレスで歌って頂いたのですが、いや~、響きました。

久々のライブ。

CDなんかじゃ味わえない、あのカンジ。

やっぱいいです。

心からsing,sing,song♪

日頃の売り上げ不振の憂さも、子育ての疲れも、最近の抜け毛の多さも忘れてしまう楽しいひととき。

ワイン片手に、ああ、贅沢です。

 

歌のジャンルは幅広く、ポピュラーなクリスマスソングからワタシの好きなover the rainbow,上を向いて歩こうから秋田民謡まで。

秋田民謡は、ピアノで弾き語るという筒井さんオリジナルスタイル。

民謡独特の、アウェイ感はなく、しっくり聞き入ってしまう不思議な感じでした。

Yukikoさんオリジナルソングは、震災を機に作詞・作曲したという曲ですが、ガンバレ的メッセージではなく、震災という大きな事件に巻き込まれた小さな個々の物語が情景として浮かんでくるような、初めて聞く歌とは思えないほど耳に残る曲でした。

 

カナダ滞在中にはご自身のラジオ番組を持ちパーソナリティとして活躍されていたというYukikoさん。歌の合間のトークも場の雰囲気を盛り上げて、心地よい空間・時間を創りだしていただきました。

2歳児の娘も臆することなくノリノリで、ホントに贅沢な時間でした。

 

今回、残念ながらご来場できなかった皆様、次回開催時には是非!

あの楽しく美味しい時間。

味わえないなんて、人生ソンソン、やで~