2014年

2月

20日

さよならさんかくまたきてしかく

いよいよ最後のブログとなってしまいました。

そして、いよいよ最後の営業日も近づいてまいりました。

このたび、2月27日をもちまして、cafe+ikkenyaを閉店する運びとなりましたのでご報告および2年と8か月間、営業できましたことに深くお礼申し上げます。

 

そもそも事の発端は、子育てに疲弊しきった老体を癒してくれる空間が余りに少ないと痛感したことでした。ベビ連れでも気軽に入れる店、そんな店はいつだって満席で予約必須、てゆうか電車やバスを乗り継いで行かなくちゃいけないって、そりゃ無理ですよ…気軽に一人(+ベビ)でランチしたいだけなのよ…ちょっと美味しいコーヒーを15分だけゆっくり飲みたいだけなのよ…ちょっと現実逃避したいだけなのよ…

そんな店、あったらいいなあああああ

ということで出来上がったのがcafe+ikkenyaでした。

私ひとりで試行錯誤の小さな小さな店づくりでしたので、多くの皆様のご満足を得られるまでには到底及びませんでしたが、何度もご利用して頂いたお客様がいらしたこと、「美味しかった」と天にも昇るお言葉を賜りましたことは、私の宝となり、今後の糧となりましょう。

さんかく屋根のcafe+ikkenyaはこれにておしまい

ですが、

またいつかどこかで美味しいパスタかなんか作って皆様のお越しをお待ちしております。

これまでご愛顧賜り誠にありがとうございました。

2 コメント

2013年

7月

10日

手作りってイイもんだ

始まりましたね、あつーい夏が。

 

暑くなれば、「あつい、あつい」と言い、

雨が降れば、「じとじと、じめじめ、うざったい」と言い、

寒くなれば、「おお、さむいー」などといつも口走っているワタシ。

 

太陽の光をありがたく感じ、恵みの雨と喜び、寒さにじっと耐えて保存食をせっせとこしらえる…

そんな古の人々の生活を見習って、自然の恩恵に感謝したいものです。

 

さてさて、最近はヒマを持て余すことなく

子供の帽子から始まりこの夏活躍しそうなバックなどをせっせと編みまくったり、

七夕の飾りつけを子供と一緒にハサミでチョキチョキして作ったり、

子供が居なかったら絶対に足を踏み入れないであろうクラフトの世界にいつの間にやらどっぷり浸かっていたりして。

 

手作りってステキよね、

っていう女子的感性より

ジャンジャカ作ってガシガシ使えるから、

っていうカーチャン的理由の方が圧倒的に強いのですが。

ビンボー症なくせに、モノを丁寧にとか、キレイに大切に、とか扱えないワタシ。

完璧な完成品があっという間に擦り切れヨレヨレになっていくのはさすがに気が引けるけど、完璧とはほど遠い、出来上がったそばから既にヨレヨレの自己作品となると、なんだか堂々と使い古せるのです。

 

必要だから作る。

昔の人は秋風吹けばワラジやら手袋やらをせっせと編んでたんだろうなー、

なんて思いながら編み編みしてると、

職の無いワタシの手も、なかなかイイ仕事するじゃん、

なーんて気にもなっちゃってたり。

 

今日もカフェではニットカフェが開催されていました。

私が編み物を始めたキッカケでもあります。

始めてみよっかな、

とほんの少しでもよぎったたら、

始めてみる、

そうすると新しい発見が必ずあるものです。

 

0 コメント

2013年

4月

12日

脱・無添加主義。

カフェにいらっしゃるお客様の中には、食材について尋ねられる方もときおりいらっしゃる。特に小さいお子さんを持つお母さんにとっては気になるところなのであろう。

 

 私自身、現在3歳になる子供がおり、食材には気を留めたり留めなかったりであるが、かつては、某大手の宅配業者から無農薬野菜やらオーガニックなんちゃらをせっせと購入していたこともあったりして、食材に大枚はたいて安心感を得ていたように思う。

それはなぜかと言えば、身近に並んでいる食材たちは放射性物質やら遺伝子組み換え食品やら添加物やら目には見えないとても危険に満ちた恐ろしいモノで作られているぞ、という警告というか、脅しが世の中には溢れているからだ。

しかし、冷静になってよく見てみれば、それらの元は騒ぎ立てるのが仕事であるマスコミだったり安心食材を売る宅配業者の広告だったり無責任なネットのクチコミだったりする。今や大量の情報の中から真実を見出すのは非常に困難なことである。

軽薄な情報は大量に溢れ、耳を塞いでも聞こえてくるが、本当に必要な情報、真実は自ら採りにいかなければ得ることができない。

 

何が安全で何が安心か?

結論から言えば、世に絶対安全、は無い。

食品に潜む危険性は、何も人為的なモノに限ったことではなく、じゃがいもだって猛毒が潜んでいる。でも、猛毒を回避しながら食べるのは、じゃがいもの高い栄養価だったり、生育しやすい品種だったりと、有益なことが大きいからである。

リスクを恐れていては、何も口にできないし、生きていくことすら困難だ。

 

リスクを回避するには、しかるべきところから出されるしかるべき情報を元に

いろいろ、色々、イロイロ、信じたり疑ったり、食べたり食べなかったりすることが近道なような気がする今日この頃。

やっぱり偏食はよくありません、偏食は。

要はバランスなんじゃないかと。

(前回に引き続きしつこいようですが…)

極端なハナシ、ビタミンAやカロテンだって、生きるに必須要素の水だって、採り過ぎれば毒になる。

他方、悪者一辺倒、避難轟々の食品添加物のその添加されている量といったらごく微量であり、ソーセージなんかに保存料(発色剤)として添加されている亜硫酸ナトリウムなんかはホウレン草にも多く含まれている。さらに、加工食品の食べ過ぎによる健康被害は、添加物によるものではなく、塩分や脂肪分によるものである、という報告が最近ヨーロッパではされていたり。添加物にしろ遺伝子組み換え食品にしろ、何もしょっぱなから健康を害することが目的なわけではなく、当然ながらその有益性と安全性が実証されているのだ。

(添加物業者の回しモノじゃありませんよ?)

だからといって、食品添加物万歳、赤色1号青色2号食べれば人生バラ色だぜ!

とは言いません。

だけどね、かき氷が白色みぞれ味しかなかったら、やっぱりさみしいじゃないの。

舌がまっかっかになっちゃうイチゴ味だってたまにはいいじゃないの。

食べ物は見た目も大事。

外観が赤いからそれがイチゴ味に感じる。

脳が、ココロが、”美味しい”と感じることが一番だと思う。

 

加工肉とか袋入りのパンとかマーガリンとか、私は好きではない。

それは、食品添加物たっぷりだから、ではなくて、

ホントに美味しいと思わないから。

でも、子供の頃は、ソレ明らかに化学的食品ですよね?ていうか、食品ですか?的なカラフルで甘くて酸っぱい、いろんなものを口にしたし、それらが美味しいというより、楽しかった。

人生、どんだけ楽しんだか、じゃないのかい。

 

今後は日本もTPP参加、さらに食品の選択肢が増える分、的確な情報が必要となる。

強烈なワードばかりを気にして目前の危険を見落とさぬよう…。

保存料無添加ソーセージもいいけど、食中毒には気を付けないとね。

 

ちなみに。

カフェで使用している食材については、全てワタシのお眼鏡にかなった安心食材です。(安心できない?) 

0 コメント

2013年

4月

02日

脱・カフェめし。

そもそもワタシは食事をするためにカフェを利用する、ということがほとんど無かった。

それはなぜかと問われれば、

まあ、カフェでゆったりとした時間を堪能する余裕がなかったといえばそれはそうなのだが、いわゆる「カフェめし」というものにあまり良いイメージを抱いていなかったということもある。

ワタシの抱いていた「カフェめし」とは、

ワンプレートにちょこちょこと一見楽しそうな体を示しているが

よく見るとお飾りの葉っぱがちょこっとだったり

主張のない脇役たちが脇役さえもこなせず申し訳なさそうに寄り添っているだけだったり…食べた後、何食べたんだけっけ?

と満たされないココロを小さなカフェテーブルで持て余す…

みたいなイメージだった。

(過去形ですよ、過去形。カフェに足を運ぶようになってからはそんなイメージは崩壊しつつある今日この頃…)

 

で、僭越ながらウチで提供するのは、

学生さんでも妊婦さんでも夜勤明けの看護師さんでも、

ハラペコさんのココロとカラダをエネルギーでいっぱいにできるごはんにしようじゃないか!

と相成り。ベジフードやらなにやらかにやらが巷で流行っている昨今では、時代の流れに逆境しているようであるが…。

 

「食事をするということ」=「生きるためのエネルギーを補給すること」

(もちろん、複雑神秘な「ヒト」という生物にとっては、「食事をするということ」が栄養補給のためだけではないことは言わずもがな。)

「3大栄養素は、炭水化物・タンパク質・脂質である」

と初めて教えてもらったときは、なんだかしっくりこなかったことを思い出す。

四半世紀以上も前であっても、当時はすでに飽食の時代を迎えていたのだろう。

「野菜たべよう。野菜食べなさい!モリモリ食べヤサイ!!!」

と、野菜不足による不健康行きがしきりにアピールされ、すでに野菜信仰は始まっていたように思う。

そもそも健康体になる目的であるダイエットが痩せる目的としてブームとなり、いつしか炭水化物やタンパク質、脂質はできるだけ摂取してはいけないモノ、という認識をさせてしまったのではないだろうか。

 

もう一度、おさらいしましょう。

ヒトの3大栄養素は「炭水化物」「タンパク質」「脂質」ですよー。

そして、ビタミン・ミネラルは、しょっちゅう適量を摂取しなくてはダメなんですよー!

なんでかってーと、ビタミン・ミネラルっちゅーのは、ヒトの体内では生成することができなくて、しかも貯えとくこともできないから、たくさん食べたところで体外へ排出されちゃうんだって。だから、「しょっちゅう」「適量」を食べてなくちゃダメなんだってよ?

彼らは体内における化学変化の補助役ですからね、体内に貯える必要はないのでしょう。そう、野菜は主役ではないのです。

野菜だけ食べてればイイっていうのは、おーまつがいっ。

生きるっつーことは大量のエネルギーがいるのだ。

 

しかしながら、今の日本は大飽食時代の真っただ中。

不況だろうとデフレだろうとアベノミクスだろうと

現在の日本社会において、おまんま食べるに困るということは、ほとんどと言っていいほど無いのでは?

少なくともこのネットを閲覧できる環境がある人々にとっては、

「ごはん」は嗜好品として、選択できる余裕があるのではないだろうか?

そうなのだ。嗜好品となってしまえば、偏って食べてしまうのがワタシたち人間の不徳の致すところ。

好きなものばっかり。

コレばっかり。アレばっかり。

だからといって「コレハダメ、アレは朝だけ」「コレ食べないでアレ食べろ」やんややんやと聞こえる指示が、私たちの正常な本能というスバラシイ司令塔を困惑させているのではないだろうか?

 

要は、バランス。

いろんなものを、いろいろ適量、本能に従って。

肉食べたら葉っぱが食べたくなるでしょ?

「はらぺこあおむし」だってイロイロ食べて、

最後は葉っぱ食べておなかすっきりしたでしょ?

いろんなものをいろいろ、がベストなんじゃないかと。

 

で、話はだいぶ脱線しましたが、

ウチのごはんには、お飾りの葉っぱはありません。

元気な新鮮野菜とごはん、バランスよく食べて頂きたいから。

ランチセットのミニサラダだって、ビタミン・ミネラルえとせとら…しっかり摂取できるようご用意しておりますのよ。

バランス、バランス。

何事もバランスが大事です。

 

 

 

 

 

0 コメント

2013年

3月

30日

メニューについて

cafe+ikkenyaの看板メニューともいえるオムライス&カリー。

実は、私個人的には好きとは言い難い。

もちろん、嫌いではないが、好きか?と問われれば

うーん…そうでもないかも…なのである。

では、なぜ自分の店で提供しているのか?

それは、

カフェを開業した理由のひとつ

”子連れでも気軽に立ち寄ってリフレッシュできる空間作り”

に因るところである。

 

私の娘がまだばぶちゃんで歩くことすらままならなかった頃、それはもうカンガルー親子のように常時へばりっついている状態で、時間をかけてゆったりと食事するなど夢のまた夢といった感じであった。

しかしながら心底食い意地の張っているワタシは、初めての育児体験で疲労蓄積、母乳により常より空腹を感じることも手伝って、「食事」という時間が唯一の楽しみだった。

娘をベビーカーに乗せて散歩の途中、寝入った娘をチャンスとばかりにカフェなぞへ入るも、早々目覚めて癇癪が起きるかもしれず、爆弾抱えてヒヤヒヤしながらの食事を覚悟で挑む。

当然ながらメニューからチョイスするのは、片手で、早々に、尚且つガッツリと空腹を満たしてくれる食事。

消去されずに残るのは、オムライス、サンドウィッチなど。

それまであまり口にすることがなかったオムライス。

その華やか優しい色合いに、疲れたココロもちょっと浮き立つ。

一口食べれば、その柔らかい食感にこれまた癒される。

一皿食べれば、十二分にエネルギー補給されている。

久々に食べたオムライス、なかなかやるじゃないか。

…といった具合で殿堂入りを果たしたワケである。

じゃあ、カレーは?

もうお時間になりましたので、続きはまた明日。

 

尚、パスタは元来大好物であり、得意とするところからカフェメニュ―に取り入れられたようだ。(自叙伝「パスタとワタシ」p53参照)

 

 

0 コメント

2013年

3月

03日

気づけば3月

久々に我がホームページをのぞいたら、明けましておめでとうございます、って…。

放置プレイがアカラサマ、真摯さがミジンも感じられないブログに反感持たれてはサービス業に支障をきたす、という浅はかな営利目的、自己中心的利益追求のため慌てて更新している次第であります。

さて、更新が滞ったのは単に公開すべき重大なるネタがなかったことに加え、怠慢営業、経年による忘却などなどが加わった結果とあいなりました。

 

経年…ほんとうに、時間とは、経ってしまうとあっという間。

ついこないだ「おめでとー」とか言い合ってたと思ったら、もう3月ですよ?

今年も4分の1が経過ですよ?

2013年も残り4分の3ですよ?

ああ、急がないと、急がないと。

しかしながらcafe+ikknyaでは、そんな「時間」とか、

周りの声とか、自分の位置とか、

デフレとか、インフレとか、

回転率とか、利益率とか、

忘却できる時間を過ごしてもらいたいなあ、と思う今日この頃であります。

 

あ、後半部分は自己願望ですが…。

 

 

 

 

2 コメント

2013年

1月

08日

明けましておめでとうございます。

いよいよ始まりました、2013年。

日々は延々と続いているけど、新年という一区切りがあることで気持ちも新たに、

シャキっとせんと!と気を引き締め、戒め、やる気になるような気すら致します。

ま、そんな模範生的意思はそうそう長くは続きませんが。

一応、初心忘るべからず。

ここに所信表明、書きとどめときましょう。

 

今年は躍進の年!

スーパーヘビ年でいくぜっ

目標売上1億円也!!!

てなことを念じても無意味だってことがわかってきたのは最近のこと。(…遅い?)

コツコツ努力するってことが大嫌いなワタクシ。

しかし、コツコツ同じことを繰り返しするってことが、ちっとでも前進するには一番大事で、一番近道だってことがわかってきた今日この頃。(遅すぎ?)

毎日毎日、繰り返し繰り返しキーマカレーを煮込んで煮込んで煮込みまくっていると、

それは単なるキーマカレーではなくて

ワタシのキーマカレーになるわけで。

お客様に

これがウチのカレーだよ、食ってみな。

って言えるようになるのは、あと何年先になるのか…。

(だから遅すぎ?)

いやいや、今のカレーももちろん美味しいんですよ、それなりに。

いやいや、結構いけますよ、ホントに。

しかしながら、完成形ではないんですね。

カフェ自体も然り。

今年も日々、コツコツ煮込んで煮込んで煮込みまくって

お客様がうっかり長居しすぎてバスに乗り遅れてしまうような、

あったかーいカフェを作り上げていきたい所存であります。

 

 

3 コメント

2012年

12月

02日

クリスマスライブイベント報告

昨日は小さなカフェ店内にてクリスマスサンクスイベントと称し、YukikoTsutsuiさんのミニライブを行いました。

ライブ開催決定より、ここ数日間、雨の日も風の日もチラシを配り、広報活動に勤しんで参りました。

早朝のポスティング中、庭先に放し飼いになっているブルドックにお尻をかまれたり

大雨降る夕方、そば屋の配達バイクのおじさんと正面衝突してソバと雨でぐちゃぐちゃになった1万枚のチラシをびしょ濡れになりながら拾ったり

そんなドラマティックな場面を想像しながら、楽しくポスティングを無事終了し、いよいよ待ちに待ったライブイベント開催日当日。

ライブ開始時刻には天気予報を裏切る突然の雨。

若干の不安はよぎるものの、お客様を迎える準備を万事整えればライブ開始時刻に。

チラシ配布の効果てきめん、千客万来!万歳チラシ!万歳ポスティング!!

…なんてことはなく、筒井さんとワタシ、まさかの二人だけ、贅沢三昧プライベートライブに!

なんてことは、さすがになかったですが。

まあ、どちらかといえば後者に近い結果となり、ワタシの集客能力の無さ、及び人脈の無さを痛感させられました。今回の結果を早急に検証し、今後は効果的ポスティング活動を行うべく分析結果を早急に報告させていただきます。

 

さて、本題のライブ内容についてですが…

ワタシは、音楽についてウンチクを語れるような思い入れも特になく、なんとなーく好みなのがブルーノート系のジャズやソウルだったりします。中でも、マリーナ・ショウやダイアナ・クラールなどのソウルフルな歌声に心揺さぶられたり。

今回、ライブを行って頂いたYukikoTsutsuiさんは、そんなソウルフルな歌声の持ち主。今回、カフェの規模的にもマイクレスで歌って頂いたのですが、いや~、響きました。

久々のライブ。

CDなんかじゃ味わえない、あのカンジ。

やっぱいいです。

心からsing,sing,song♪

日頃の売り上げ不振の憂さも、子育ての疲れも、最近の抜け毛の多さも忘れてしまう楽しいひととき。

ワイン片手に、ああ、贅沢です。

 

歌のジャンルは幅広く、ポピュラーなクリスマスソングからワタシの好きなover the rainbow,上を向いて歩こうから秋田民謡まで。

秋田民謡は、ピアノで弾き語るという筒井さんオリジナルスタイル。

民謡独特の、アウェイ感はなく、しっくり聞き入ってしまう不思議な感じでした。

Yukikoさんオリジナルソングは、震災を機に作詞・作曲したという曲ですが、ガンバレ的メッセージではなく、震災という大きな事件に巻き込まれた小さな個々の物語が情景として浮かんでくるような、初めて聞く歌とは思えないほど耳に残る曲でした。

 

カナダ滞在中にはご自身のラジオ番組を持ちパーソナリティとして活躍されていたというYukikoさん。歌の合間のトークも場の雰囲気を盛り上げて、心地よい空間・時間を創りだしていただきました。

2歳児の娘も臆することなくノリノリで、ホントに贅沢な時間でした。

 

今回、残念ながらご来場できなかった皆様、次回開催時には是非!

あの楽しく美味しい時間。

味わえないなんて、人生ソンソン、やで~

 

 

 

 

0 コメント

2012年

11月

05日

いよいよ・・・

今週末に迫りました。

マゴコロマーケット Vol.2

~来て、見て、食べて、体験して。Magocoroワークショップコレクション~

いよいよ開催ですよ、奥さん!

11月10-11日(土・日)10:30~16:00ですよ、おとーさん!!

 

えー、しつこいようですが。

今回はですね…

なんと

親子で楽しめるワークショップが盛りだくさんなワケですよ。

ワークショップ?

…それは、まぁ、受動的じゃなくて能動的に参加して、なんか創っちゃおう!

見てるだけじゃつまらない!

体験してこそナンボのモンじゃい!!

…てなことですよ。

どですか?

そこの妊婦さん。

脳みそから癒されるアロマグッツなんかも作れちゃいますよ?

ちなみに。

前回に引き続き出店予定の「無農薬野菜のりふの季」さんでは、

厳選季節野菜のあったかスープやら、血糖値急上昇しちゃうくらいの糖度の焼き芋やらを販売するかもしれない、という情報があったりして。

ほんとにもう、来て見て食べて体験しちゃってくださいな!

そこのオフィスレディたち!!(略してOLね。)

どこを探してもなかった、素敵なIDカードホルダーに出会えたりしますよ?

 

ワークショップ等の詳細は本サイトのtop(EVENTページ)をチェキラッチョ。

0 コメント

2012年

10月

17日

南方視察報告

まずは、研修という名目のもと長期に渡りお休みをさせて頂きましたことに厚く御礼申し上げます。

お陰さまで、なかなかの視察内容であり今後のメニュー及び店舗拡充への期待さへ感じたり感じなかったり致しますが、最終目的である集客効果については、現在のところ全く成果を上げられそうにありませんことをご了承くださいませ。

 

さて、研修先についてですが、エメラルドグリーンの海と青い空が眩しく光輝いているという沖縄は石垣島へ行って参りました。

飛行機で飛ぶこと3時間。

早速、雄大なる自然がワタシ達を歓待してくれました。

自然とは、ちっぽけな人間の浅はかな計画など全く無関係であり、突如として雨雲を発生させ恵みの雨をもたらしたまふ。

そう、決して晴天ばかりが自然ではございません。

判ってはおりました。

いや、判っているつもりでした。

エメラルドグリーン…それは灼熱の太陽の光が降り注ぐときのみに見られる現象ということを。

そして、石垣島はタイフーンの通り道であり、常に灼熱の島ではないことを…。

 

せっかく来たのだし。小雨くらいだし。

さすがに腰は重いけど…行ってきましたよ、雨のジャングル西表島。

石垣島から高速船で揺れに揺れること30分。

最高齢同行者は真っ青になりながら、バックからビニール袋を取り出しており。

小雨降りしきる中、水牛に揺られ離島に渡ったり、雨で霞むマングローブを屋形船から眺めたりしつつ、この冬の新メニューを思案するもエメラルドグリーンへの執着心が邪魔して、スバラシイ案など思い浮かぶワケもなく…。ここは、帰還後クックパッド師匠にお伺いを立てよう、と心に決め、潔く台風と寄り添いながらの4daysを楽しんで参りました。

どしゃ降りばかりが人生ではありません。

七転び八起き、瓢箪から駒、笑う門には福来る。

3日目の朝、ホテルのカーテンを開けると暗雲の彼方にうっすらと一筋の希望の光が…

おぉ!神よ、主よ!この愚かなる我らに救いの御心を施し遊ばせたもふか!ありがたやありがたやナムアミダブツナムアミダブツ…己の汚れた御霊を葡萄酒にて清めまへ。

葡萄の美酒、虹色の杯

石垣牛欲せば杯が進む…

アーメン。

 

そんなワケで、

牛!うし!!ウシ!!!な4日間でございました。

 

 

2 コメント

2012年

10月

10日

生らっか

秋ならではの味覚、生の落花生。

手に入ったはいいが、ビール片手に平日ランチを楽しむお客さまはさほど多くなく

(てゆーかほとんどなく…)、

このまま我が家の晩ごはん行きか?!と思案中、

味見をしていただいたcafe+ikkenya 2FのN澤さん曰く

「これ、お菓子とか、ごはんと炊いても美味しそうですね」。

なんたる貴重なるご進言!

そーね、豆ごはん!

…てことで、cafe+ikkenya特製キーマカリーにのせてみました。

お好みでお口の中で豆ごはんにしてくださいな♪

っていうのはどーでしょ?

 

そんなのヤダわ、というグルメなアナタは、コチラから↓

http://life4seasons.shop-pro.jp/

 

なんとウワサの生落花生が全国どこにいても購入できちゃいます♪

コレ、ホントにヤミツキです。

お子様のおやつに、お父さんのビールのつまみに!

(斬新なアイデアでもなんでもありませんが…)

豆ごはんやお菓子にしても♪

(N澤さんの受け売りですが…)

 

カキピーでピーナッツバター作ってくれた器用な某母にも送ってあげなくちゃ。

続きを読む 0 コメント

2012年

10月

10日

黒いと言えば…

今週末の研修に備えて短パン&Tシャツで寝ていると、さすがに寒さが身に染み入る今日この頃。1日の疲れを癒す泡あわちゃんも、のど越し爽やか系からコクを楽しむ濃厚系に移行しつつあります。

そんな東京オリンピック開催宣言から約半世紀経ったある朝、

ハロウィンには少し早いけど、ハリーポッターばりの黒いソレを羽織り颯爽と出かけようとすると

「ママー!黒いよ?」

と色彩ネーミングに敏感なお年頃の娘から、鋭いツッコミが。

「ビールもね!」

ビ、ビール?朝から何を…そーいや、さっき牛乳温めるか聞いたときも、ビールも温める?とか聞き返してたな… (どんだけドランカーマザーなんだか…)

まだまだ現実と夢の境もわからないバブちゃんならではの突拍子ぶりか?と思いきや…

あー、昨日の夜のアレね!

yes!! 昨日は、確かに黒ビールでございました!

しかし、昨日の時点では全く反応示さず、13時間後とは…2歳児の脳みそ恐るべし…。

 

ちなみに。

ビールと言えば、cafe+ikkenyaでも用意してたりしてなかったり。

(どっちよ?)

銘柄は、私の好きなハートランドとコロナ。

ナマじゃないけど、瓶ビールならではの佇まいが、平日のカフェランチには合う気がします。

今なら、この季節ならではの味覚、生落花生がついたりついてなかったりで、650円也。

(だから、どっちよ?) 

 

瓶ビール飲まなくちゃナマラッカセイ食べられないのー?

っていうナマ好きな方は、コチラからどうぞ ↓

http://life4seasons.shop-pro.jp/

続きを読む 0 コメント

2012年

10月

06日

カフェお休みのお知らせ

ブログ移転後の記念すべき最初の投稿は、残念ながらハラワタよじれるオモロネタではなく、単なる休業案内となってしまったことを心よりお詫び申し上げます。

 

さて、来る10月12日(金)~16日(火)は、ikkenya社員研修のため誠に勝手ながらお休みとさせていただきます。

尚、研修休み明けからは、新メニューとしまして、海ブドウカリーのジーマーミ豆腐のせ、ソーキパスタちゃんぷるなどが登場する予定です。

研修の成果により、これまでの関東風ランチは11日(火)までの幻メニューになる可能性もございますので、関東風がお好みの方はお急ぎくださいまし。

 

ではでは、休み明けの9日(火)から3日間は、研修前のウキウキ気分で張り切って営業しております。1人でも多くの皆様にお会いできるますことを切望いたしまして、ブログ移転後第1回目の投稿を終了させていただきたく存じます。

ご拝読ありがとうございました。

ikkenya 代表兼調理兼経理兼お掃除係長

 

0 コメント

2012年

10月

06日

ブログ再開してみました。

ブログ閉鎖してから早1週間。

特にブログ再開運動も閉鎖反対デモも行われず、相変わらずワタシの周りは静かで変わりなく平穏無事な生活を過ごしております。

しかしながら若干名の静かな、しかしながら心に響く声が…

「ブログ見てるよ・・」

「ブログ楽しみにしてたよ・・」

声の主はみなその姓をアオキと名乗り(そーいやワタシの旧姓もそんなんだったっけな。。)ワタシはそれを、力強いリクエストメッセージと受け止め、ここに再開を決意したのであります。

以上、取り急ぎご報告まで。

旧姓アオキでした。

あ、

ブログのURLはこちらになりましたので、google Readerの登録忘れずにねっ。

0 コメント